基本マイナス思考な日々

基本的にマイナス思考で生きています。子宮頸がん検査に引っかかり、吐き出すために始めました。

子宮頸がん検査のこと

たまたま、ある時ある状況で不正出血があった。

そういえば子宮頸がん検査を3年ぐらい受けてないと思って、ついでに生理も重く、生理前にメンタルがとても不安定になるから、相談しようと受診。


「不正出血もあるようだから、体がんの検査もしましょう」と先生に言われ、同時に検査。

翌週の検査結果で、頸がん、体がんともクラスⅡ。

ただ、体がんが子宮内膜が増殖気味で、生理痛やなんやあるから、ルナベルというピルを飲み始める。


ぶっちゃけ、このピルのせいで体重が2キロ増えたと思っている。

生理はしょっちゅうくるし、痛みもほとんど変わらないし、毎日飲むの面倒だしで、私にとってはいらない薬だったかもしれない。


そんなわけで半年後12月の検査を受けたわけだけど


子宮頸がんがクラスⅢaに進化していた。

先生は「これくらいなら大丈夫だから」と言って、HPV- DNA 検査を実施。

これは詳しくはわからないけど、100種類ぐらいあるHPV(ヒト パピローマ ウィルス)の中で30種類くらいある、そのうち癌になる可能性の高い型を検出する検査。

噂によると、その中で癌に進行しやすい2種類のハイリスク型にターゲットを絞って検査するらしい。


結果は2週間後。

頭の中はパニック。

癌?私は癌かもしれないの?

コルポ診、組織診。。。

調べては一喜一憂。

「脱がなくて良い」ように、タイツにスカートで受診。


結局私は、そのハイリスクな型のHPVに感染しているから異型な細胞ができている事がわかった。

タイツは脱ぐ事になった。


コルポ診、痛い痛い痛い!・・・痛くない。

組織診、痛い痛い痛い!・・・思ってたほど痛くない。

時々カチって音がして、子宮頸がん検査みたいなチクっとした感じがするくらいの不快感。


組織を取ったということは、気になるところがあったわけだよね?

「見た感じ大丈夫ですよ」と名医が言う。

次は2週間後。


仕事しているとあっという間に過ぎるのに、長かった前回の2週間。

またネットサーフィンの始まりだ。


こんな事しても、今頃私の組織は検査されていて、結果は変わらないとは思うんだけど、調べずにはいられない。


2人もかわいい子供に恵まれた。

ひどい生理痛を引き起こす子宮には未練はない。

でも怖い。


円錐切除についても調べた。

これは、、、子宮頸部がほぼなくなるじゃないか!

恥ずかしい話、私奥、いわゆる頸部がスポットなので、こんなに切除されるとQOL問題に関わってくる。


趣味で知り合って、いろいろ話をする友達にその話をしたら、「そっちの問題かよ!」と怒られた。


今、私の脳内では、私は立派な癌患者。

そうじゃない事を一番に願いつつ、早い段階で見つかって切除できたら終わり、みたいな状況も願っていたりもする。


怖い。

本音。